· 

いよいよ3年目!

2018年度、私たち東大ショークワイアは結成3年目を迎えます!

 

サークル作りで大変だった1年目。

1年目に作ったものを維持するのに精一杯だった2年目。

そして3年目は私たちにとって新たな飛躍の年になります。

 

(聖心女子大学 新3年 鈴木すみれ)

メンバーの思い出(2年間で一番印象に残っているエピソード)

 

やっぱり1番最初の練習が思い出に残ってるかな

 

立ち上げメンバーだけで準備して新入生たちを待ってた

サークルを立ち上げようって話を僕の家でしてたときにちょうどなんとなく練習してたカップスを最初の練習に選んだっけかな?

当日、100均でかわいいカップを用意して…

嬉しいことに意外にも練習にたくさんの人が来てくれて、みんなでカップを回しながら歌って楽しかった。

これから始まるぞ!って期待と本当にうまくいくのかなって不安と…忘れられない1日になったね(^^)

 

(代表 川合裕太)


 

人生で初めてステージでボイスパーカッションを打った1年目の駒場祭ステージが一番印象に残りました。

 

ダンスと歌とリズム隊の連携って超むずいんだなーって感じでした。

でもショークワに入ってすぐのステージだったのでめっちゃワクワクして楽しかったです。

 

 

(東京大学・院 修士新1年 山本匠馬)


 

私が今までのショークワの活動で1番印象に残っているのは、初めての駒場祭です。

 

私個人としても、ショークワとしても初めての駒場祭で、模擬店を出したり、出演時間は短いながらもステージに出たりととても充実していました。

ダンス担当の身としては、初めて1曲ほぼフルで振り付けを考えたことも深い思い出です。素晴らしくセンスのある振り付けはできなかったかもしれないけれど、とても良い経験になったし、もっと研究が必要だなと感じた期間でもありました。

歌いながら踊ることの難しさを感じ、本番ではミスもしましたが、ステージの後にはとても楽しかったと思えた、忘れられない思い出の1つになっています。

 

 

(お茶の水女子大学 新3年 後藤美穂)